田中製粉有限会社

田中製粉有限会社は、焼き菓子や和洋菓子などに適した、福岡県産小麦100%を使った小麦粉(薄力粉)を製造する会社です。

TEL.0943-22-4314

〒834-0065 福岡県八女市亀甲405-1

ブログ

第一回筑後七国和菓子博にて、ふなやき講座をさせていただきました

第一回筑後七国和菓子博は、おかげさまで多くの方にお越しいただき、無事に閉幕いたしました。
和菓子博にお越しいただいた皆様、大変ありがとうございました!

私も実行委員として関わらさせていただきまして、非常に貴重な経験をさせて頂きました。
関係されたすべての皆様に深く御礼、感謝申し上げます。

11月4日の「ふなやき講座」ではほぼ満員となるご参加をいただきました。
子供のころふなやきをよく作られていたという世代の方も多く、ふなやきの思い出話をうかがったり、参加者同士で楽しく自由に盛り付けをされて、楽しかったという声をたくさん頂戴しました。

これからも地元の美味しい和菓子をはじめ、美味しい食べ物、食文化を楽しく伝えていければと思います。

第一回筑後七国和菓子博を西日本新聞さんに取り上げていただきました

今日(10月24日)の西日本新聞筑後版にて、11月3日、4日の和菓子博についての連載がスタートしました!

こちらをご覧ください。 ↓

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikugo/article/459849/?fbclid=IwAR2wrgvc8CyeIKfEonxIBaxsTuyccosKN5b9nrJ-WZPUQ_JF9UW0RMiXIbc

お菓子好き、甘党、映画好き、写真好き、歴史好き、料理好き、手作り好きな人にきっと楽しんでいただけるような内容になっています。ぜひぜひ和菓子博にお越しください~(^^)

私は「ふなやき」講座を担当します!
場所は九州新幹線の筑後船小屋駅隣の九州芸文館です。

なお、映画「あん」の上映、永瀬正敏さんトークショー、各体験講座は電話(九州芸文館 0942-52-6435)のみでの事前予約制です。時間など詳しくは九州芸文館のホームページ(http://www.kyushu-geibun.jp/main/4094.html)をご覧ください。

 

三奈木砂糖

 

11月3日、4日に九州芸文館で行われる筑後七国和菓子博で、昔から食べられている小麦粉のおやつ、「ふなやき」作り講座をさせていただきますが、そのときに使う朝倉産の黒糖を、朝倉市にある床島屋製菓さんに分けていただきに伺いました。

昔は黒糖の原料となるサトウキビの栽培が筑後平野でも盛んでした。近年は輸入砂糖が増えたため栽培が一時途絶えたそうですが、再び朝倉市で生産再開されたものとのことです。

毎年12月にその年に採れた新物が出るそうで今の時期はもうほとんど残ってないとのことですが、貴重な黒糖を分けていただいた床島屋製菓さんに大変感謝です!

 

筑後七国和菓子博の公式サイトはこちらです ↓

http://www.kyushu-geibun.jp/main/4094.html

 

筑後七国和菓子博ブログはこちらです ↓

http://chikugonanakokuwagasihaku.yoka-yoka.jp/

FOOD EXPO九州に出展しております^^

IMG_1252

福岡国際センターにて今日5日まで行われているFOOD EXPO九州に出展しております。ブースデザインを大幅に刷新しまして、以前のをご存知の方からは「すっかり変わりましたね!」のお声を頂戴しました。デザインも大事ですね!

「みなみの幸」を使ったレトロバゲットと、
「かめ」を使ったケーキをどうぞお召し上がりください。特に、市販の薄力粉と食べ比べていただき粉の違いを感じてもらえればと思います。

初日は数多くのお知り合いの方やお客様がいらっしゃいました。お越しくださり大変ありがとうございました。

最終日の今日5日は16時まで開催しております、どうぞお越しください。

IMG_1276

 

福岡県庁 よかもんカフェにて小麦粉のお話を

1月26日に、福岡県庁11階のよかもんカフェにて小麦粉の話をしてまいりました。

一昨年10月に続いて2回目で、前回は市販の外国産の小麦粉とうちの薄力粉とを使い、同じレシピで作ったバターケーキの食べ比べをしましたが、今回はより小麦粉自体の味わいを知っていただこうと思い、筑後地方に昔から食べられている小麦粉のおやつ、「ごろし」を試食していただきました。

今のはやりは「時短」「手軽」で、小麦粉を家庭で使う機会も減る一方ですが、小麦粉を使う簡単な料理もたくさんあり、だんご生地を作って味噌汁にいれれば”だご汁”に、茹でてきな粉や小豆餡をあえればおやつになりますし、添加物の心配もなく経済的です。お子さんも喜びますし、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

IMG_0085

cookpadに初投稿してみました☆

レシピサイト Cookpadに初投稿してみました☆

手始めに、、、我が家に昔から伝わる小麦粉スイーツを投稿してみましたよ。

ごろしにしようかふなやきにしようかまよいましたがまずはごろしで。

IMG_20160116_154602

ぜひお試しください(^^♪

http://cookpad.com/recipe/4023219

 

小麦粉の保存方法(梅雨、高温対策)

そろそろ梅雨入りが近づいてきましたね。
この時期、気になることのひとつに食べ物の湿気対策があります。
梅雨や夏の小麦粉の保存方法についてお問い合わせが増えてきましたのでまとめました。

小麦粉は
・湿気やにおいを吸いやすい
・高温に弱い(品質が低下する)

という特徴がありますので、これらを避けることが大切です。

・少ない量をこまめに購入して1,2か月のうちに使い切るほうがおすすめです
・使い残りは密封できる袋やタッパーなどに入れてしっかり密封しましょう
・室温が高くなりそうであれば冷蔵庫や野菜室での保管がおすすめです
・冷蔵庫などでは他の匂いが移らないようさらにビニール袋に入れるとなおいいです
・シンク下などは特に湿気が多いので避けましょう

なお、弊社の家庭用「かめ印の小麦粉」や「みなみの幸」に使っているビニール袋は、防湿性、酸素バリア性が高いものを使っており、湿気やにおいを吸いにくくしております。
密封性の高い袋に移し替える必要はありませんのでそのままで冷蔵庫などでの保管がおすすめですよ!

小麦粉を使った簡易料理

小麦粉を使った簡易料理(というか非常食)についてご紹介します。

こういう情報でも、少しでもお役にたてれば。

どれもだんごの作り方は同じです。

■だご汁

必要なもの:
小麦粉(薄力粉以外でもOKでしょう)、ボール、鍋、水、火、味噌、お好きなみそ汁の具

作り方:
(1)ボールに小麦粉を入れ、水を少量ずつ加えてこねます。
(2)ボールにへばりついた小麦粉がきれいに取れて団子状に
なるまでこね続けます。(耳たぶくらいの硬さ)
(3)必ずではないですが、ボールに濡れ布巾をかぶせてしばらく寝かせておくとダンゴののびがよくなります。
(4)鍋で適当にみそ汁を焚いておきます。
(5)小麦粉のだんごを一口サイズくらいにちぎりながら、みそ汁の
鍋に入れて茹でます。(薄くちぎっておくとすぐに茹ります。)

■小麦粉だんご

必要なもの:
小麦粉(薄力粉以外でもOKでしょう)、ボール、鍋、水、火、お好みで砂糖醤油やきな粉

作り方:
(1)ボールに小麦粉を入れ、水を少量ずつ加えてこねます。
(2)ボールにへばりついた小麦粉がきれいに取れて団子状に
なるまでこね続けます。(耳たぶくらいの硬さ)
(3)鍋でお湯を沸騰させておきます。
(4)小麦粉のだんごを棒状や一口サイズにちぎり、
鍋に入れて茹でます。(薄くちぎっておくとすぐに茹ります。)
(5)お好みで砂糖醤油やきな粉をかけます。

■煮しめごろし

必要なもの:
小麦粉(薄力粉以外でもOKでしょう)、ボール、鍋、水、火、砂糖醤油

作り方:
(1)ボールに小麦粉を入れ、水を少量ずつ加えてこねます。
(2)ボールにへばりついた小麦粉がきれいに取れて団子状に
なるまでこね続けます。(耳たぶくらいの硬さ)
(3)しばらく置きます。
(4)のばすとどんどん伸びるので麺のように長くのばします。
(5)それを鍋でゆでます。
(6)砂糖と醤油を入れ、煮詰めます。(煮る時間が長いと焦げ付きます。)

地震の影響について(無事です)

おはようございます。
まずは今回の熊本地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
ご報告いたしますが、弊社につきましては幸い人的被害、物的被害ともになく、通常通り操業いたしております。
ただ南九州方面への物流に影響が出ておりますので地域によっては納品までにリードタイムが若干かかる可能性もあります。
まずは取り急ぎ報告でした。

追記
小麦粉はありますので何かしらお困りの方、ご相談ください。

日本百貨店しょくひんかん さんにて

先日、関東で唯一「かめ印の小麦粉」を置いていただいている、秋葉原にある「日本百貨店しょくひんかん」さんに行ってまいりました。

北海道から沖縄まで、それぞれの地域ならではの食材をつかった商品がほんとうにたくさん並んでおりました。

珍しい商品ばかりでついつい買い物かごの中に。。

あえてたとえて言えば、各地の物産展が同時にあっているような。

そして一つひとつ丁寧に見て回ったので、1時間ほど回ったのに結局、北海道や沖縄コーナーまで見れずじまい。。(^^;

近くにお立ち寄りの際はぜひお越しください。秋葉原駅から出て徒歩1分くらいです。

(※店内の写真は許可を受けて掲載しております)

IMG_20160309_121053

 

日本百貨店しょくひんかんには福岡県のブースもあり、そこにはクロボー製菓さんの黒棒やエンドウ豆のかりんとうなどが置かれていました。

こちらのお店に行くだけで、日本全国のいろいろな食べ物や商品を見れるのはほんとにすごいです。

前の日には知人も何人か出展しているのでFOODEX JAPANに行ってきましたが、会場が広すぎて、しかも4時間くらいしか滞在してないので歩いてる時間のほうが多かったですね。。

そういえばちょうど4年前に、八女商工会議所青年部のメンバー4名で、1ブースを借りてFOODEX JAPAN2012に出展しました。何も知らない状態で行ってきて、失敗をするのが目的で(笑)

そのときがきっかけになって家庭用小麦粉を作るようになったのです。

そのときに初めてお会いした、業界では有名なデザイナーさんとも今回もお会いでき、ご挨拶。

あーあれから4年たったなぁー、いろいろ勉強してきたなぁーと感慨に浸っておりました。

いろいろ見てきたことをまた活かそうと思います!

 

『肥前の菓子―シュガーロード長崎街道を行く』(村岡安廣さん著)を訪ねて

肥前の菓子―シュガーロード長崎街道を行く』(村岡安廣さん著、佐賀新聞社 出版)という本があります。

この本に「田中さんとこがでてた!」とある方に教えてもらい、この本をネットで探して入手しました。

するとうちの社長も知らないような昔の話も載っており、うちが100年以上も前から納品させていただいている黒棒というお菓子の歴史なども載っていて非常に面白い内容でした。

そこで著者の村岡さん(佐賀県小城市にある株式会社村岡総本舗 代表取締役社長で現在は小城商工会議所会頭もされていらっしゃいます)にお話を伺えないか連絡したところ、ご多忙にもかかわらず快諾してくださりお話を伺ってきました。

P2104631

まずはうちのことがどのように書かれているのか、社長の許可をいただきましたので引用します。

(『肥前の菓子』p.133より)

黒棒01

黒棒02

これによると、「小麦粉と同様のしとり感、きめの細かさ」が当時からのうちの小麦粉の特徴だったことがわかり、それは現在うちが作っている小麦粉の特徴とも一致することがわかってとても驚き、先人の技術と知恵が詰まった製粉技術を続けていく使命を改めて感じました。

そして水利権のことが言及されていますが、うちには1960年頃までは水車を動力として製粉機を動かしていました。幅1間、直径3間~4間くらいあったというその水車を動かすため、横に流れている山の井川から水路を工場の中に引き込んでいたそうです。

その水車を動かすためには川の水利権が必要で、当時の水利権の免許証が写真として残っていましたのでここで載せておきます。

IMG_4298trim IMG_4295trim

ちなみに田中半助さんは私のひいひい爺さんになります。

村岡社長にこの写真をお見せしたところ、小城市も昔は同じ三潴県だったそうでした。というと一体、三潴県はどの範囲だったのか調べたくなってきますね。

それから、うちの小麦粉の布袋に、「研究積んで菓子に向く、亀甲の〇タ印」という表示があったということはうちの社長ですら知らなかった話でした。。(^^;

現在はうちの紙袋には、地名である亀甲から「かめ」を取り亀の絵柄を印刷しておりますが、過去そのような表示があったとは、この本を読んで初めて知りました。

小城市を含む佐賀平野は昔から小麦の産地で、素麺や饅頭が食べられており、また江戸時代は長崎の出島から輸入された砂糖の通り道で、欧州から製菓技術などが入ってきたことから、丸ぼうろなど様々な南蛮菓子が作られていたとのこと。またきれいな水もあったころから、酒造りも盛んだったそうです。

偶然にも、八女市も小麦の産地で、かつ水もきれいだったことから、小麦粉のいろいろな食文化があり、また美味しい酒どころでもあります。

小城市も八女市もともに歴史も古く、思った以上に共通点があることが発見でした。

シュガーロードの歴史だけでも本当に奥が深そうで、私の家業のルーツにもつながり大変面白かったです。

それから、村岡総本舗さんの羊羹についても。

まず戴いたのは紅煉(べにねり)という羊羹でした。

材料が本当にシンプルで、やさしい甘みがとても印象的でした。

高級な白小豆をふんだんに羊羹に使うのはほんとうに稀だそうで、また糸寒天と角寒天とうのを使っており、そこは美味しい食感を出すために、コストがかかるものの妥協できない点とのことでした。

また2015年にはミラノ万博で、イタリア人に羊羹を食べてもらったとのこと!大変精力的に活動されていらっしゃいました。

村岡総本舗さんの切り羊羹は、製法、原材料などが評価され、「本場の本物」の認定も受けていらっしゃいます。こちらのページをご覧ください。→「本場の本物」

それから、村岡総本舗さんの本店のすぐ横には資料館があり、昔羊羹を作った時の入れ物や原材料などが展示されており、こちらも面白いです!

ほんとうにお話が面白くて夢中になりすぎて写真をほとんど撮り忘れてしまいました。。(^^;

 

村岡社長、お忙しいところ大変面白いお話を聞かせていただきまして大変ありがとうございました!

参考:

株式会社村岡総本舗:小城羊羹を製造・販売されています。明治32年創立

本場の本物

 

いろいろなパンを焼いてみました☆

先日、とある商談会にて、、

うちの福岡県産準強力粉「みなみの幸」を使っていろいろとパンを焼いて持ってまいりました!

P2024609

P2024610

ちなみに、私はパンは作れませんので、、、家人にお願いしました(^^;

左側がカントリーケーキ、

右側がパン3種盛りです。

そしてイングリッシュマフィンとカントリークッペのPOPが逆になっています(^^;

イングリッシュマフィンには全粒粉も使っていますよ!

うちの特徴は、挽きたての石臼挽き全粒粉を提供できる点です。挽きたては本当に香ばしいですよ(^^)

今年はパンやお菓子をそれなりに作れるようになるのが目標です!

 

そして最近新しいキャラが増えました☆☆☆

P2024614

「かめパン」です!!

どうですか?可愛いでしょう(^^)

薄力粉の商品名の「かめ」シリーズで揃えてみました。

冬の間は持ってくれそうですのでまた別の商談会でもお披露目することがあるかもしれません。

P2024616

そしてお隣さんはお友達の牛島製茶の牛島くんでした。

なにやらおしゃれなポットやらグラスやらがいろいろと展開、、

いい香りが漂ってきてましたよ。

牛島君、抹茶チョコレートありがとうございました(^^)

 

積雪

昨日から今朝にかけて、弊社周辺では5センチほど積雪がありました。
今年は珍しく、しもやけになり足先が痛いです。。
この雪で道路も凍結しており、今日は商品の発送ができなくなってしまいましたのでお知らせいたします。

物流の遅延が最大で今週いっぱい続く可能性がありますので、お早目のご注文をお願いいたします。

どうぞ皆様あたたかくしてお過ごしください。

 

P1254501

 

恋グルウィーク2016にて謎のスイーツ「ごろし」作り!

みなさん、福岡県南部に「ごろし」という物騒な名前の食べ物があるのをご存知ですか?

大分では「やせうま」ということもあるようですが、要は小麦粉で作った団子に、きな粉や餡子などをかけて食べる、昔からある郷土スイーツなのです!

その「ごろし」を作ろう!というイベントが2016年1月30日、福岡県筑後市の九州芸文館で行われます。私が講師となり。。(^^;

詳細や申し込み方法は以下のサイトをご覧ください。

まだ余裕があるかもしれません。

粘土遊びが好きなお子さんは特にはまると思います、ぜひぜひ親子でご参加を!

なんと豪華なお土産付き☆☆☆

 

チラシ

この時期はだご汁がおすすめです(^^)/

12241594_1016529491746261_8478270748834902045_n

だんだんと寒くなってくるこの時期、おすすめの小麦粉料理は「団子汁」です(^^)
九州では「だご汁(だんご汁)」、関東などでは「ほうとう」「すいとん」、岩手などでは「ひっつみ」などとも呼ばれますが、小麦粉を団子にして野菜とともに味噌で煮立てた汁ものですね。

わざわざ団子粉を買う必要はなく、小麦粉に水を混ぜ、耳たぶくらいの硬さかちょっと柔いくらいになるまで加減して生地をこねます。
生地を丸くまとめて上からラップや濡れふきんをかけ、2~3時間程度寝かせます。
水の代わりにお湯にすると寝かせる時間は短くて済みますよ。
その間に野菜などを味噌で煮立てておきます。
団子の生地を寝かせたあと、少しずつ伸ばしながらちぎって鍋の中に入れて煮込みます。
これで出来上がり!
お好みでネギなどをかけてお召し上がりください。