田中製粉有限会社

田中製粉有限会社は、焼き菓子や和洋菓子などに適した、福岡県産小麦100%を使った小麦粉(薄力粉)を製造する会社です。

TEL.0943-22-4314

〒834-0065 福岡県八女市亀甲405-1

企業概要
社名
田中製粉有限会社
代表取締役
田中規道
本社所在地
〒834-0065
福岡県八女市亀甲405-1
TEL. 0943-22-4314
FAX. 0943-22-4317
資本金
300万円
設立
2001年2月15日
役員
代表取締役 田中規道
専務取締役 田中宏輔
取引銀行
福岡銀行、筑後信用銀行、JAバンク、ゆうちょ銀行

沿革

宝暦年間(1751~1763年)
水車仕立人の田中久四郎(~1774年1月)が製粉業開始
1774年
初代から二代目の田中源助が後を継ぐ
1821年
二代目から三代目の田中万次が後を継ぐ
1869年
三代目から四代目の田中半助が後を継ぎ、製粉事業を大きく拡大する
1875年
現在の製粉工場の建物が完成(以後、改築を繰り返す)
1905年
(田中順吾、柔道修行のため上京し、天神真揚流を修め1907年帰省、自宅に道場を設置。門下生が建てた記念碑がいまも製粉工場前に。)
1911年11月
八女市の岡山公園に陸軍特別大演習のためお見えになった明治天皇に、弊社の小麦粉を献上
1920年
四代目から五代目の田中順吾が後を継ぐ
1950年頃
この頃からロール式製粉機を順次導入(それまでは石臼で製粉していた)
1955年頃
工場の動力として使っていた水車を廃止。水車は直径5.5メートル、幅1間あったそうである。これ以降はモーターを動力にして製粉する
1963年
五代目から六代目の田中文之が後を継ぐ
1996年
現在の事務所が完成
1997年
アルプスの天然石を使ったオーストリア製大型石臼機を導入
2001年2月
田中製粉有限会社として法人化
2002年
六代目から七代目の田中規道(現 代表取締役)が後を継ぐ
2012年1月
ホームページを開設
2012年3月
千葉・幕張で行われたFOODEX JAPAN 2012(国際食品・飲料展)に初出展(八女商工会議所青年部ブースにて)
2013年1月
九州ちくご元気計画にて1年間の「やめ粉粉研究会」をスタート
2013年4月
通販サイトをよかもん市場内にオープン
2014年1月
「やめ粉粉研究会」のゴールとして、家庭用小麦粉「かめ印の小麦粉」を新発売。福岡市のマキイさんなどにてお取り扱いが始まる
2014年2月
九州の食EXPOなど展示商談会に出展
2015年1月
福岡県産ミナミノカオリ100%の準強力粉「みなみの幸」(みなみのさち)を新発売。まずは業務用から
2015年4月
福岡県産ミナミノカオリ100%の準強力粉「みなみの幸」(みなみのさち)の家庭用サイズを販売開始