田中製粉有限会社

田中製粉有限会社は、焼き菓子や和洋菓子などに適した、福岡県産小麦100%を使った小麦粉(薄力粉)を製造する会社です。

TEL.0943-22-4314

〒834-0065 福岡県八女市亀甲405-1

ブログ
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

第一回筑後七国和菓子博にて、ふなやき講座をさせていただきました

第一回筑後七国和菓子博は、おかげさまで多くの方にお越しいただき、無事に閉幕いたしました。
和菓子博にお越しいただいた皆様、大変ありがとうございました!

私も実行委員として関わらさせていただきまして、非常に貴重な経験をさせて頂きました。
関係されたすべての皆様に深く御礼、感謝申し上げます。

11月4日の「ふなやき講座」ではほぼ満員となるご参加をいただきました。
子供のころふなやきをよく作られていたという世代の方も多く、ふなやきの思い出話をうかがったり、参加者同士で楽しく自由に盛り付けをされて、楽しかったという声をたくさん頂戴しました。

これからも地元の美味しい和菓子をはじめ、美味しい食べ物、食文化を楽しく伝えていければと思います。

第一回筑後七国和菓子博を西日本新聞さんに取り上げていただきました

今日(10月24日)の西日本新聞筑後版にて、11月3日、4日の和菓子博についての連載がスタートしました!

こちらをご覧ください。 ↓

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikugo/article/459849/?fbclid=IwAR2wrgvc8CyeIKfEonxIBaxsTuyccosKN5b9nrJ-WZPUQ_JF9UW0RMiXIbc

お菓子好き、甘党、映画好き、写真好き、歴史好き、料理好き、手作り好きな人にきっと楽しんでいただけるような内容になっています。ぜひぜひ和菓子博にお越しください~(^^)

私は「ふなやき」講座を担当します!
場所は九州新幹線の筑後船小屋駅隣の九州芸文館です。

なお、映画「あん」の上映、永瀬正敏さんトークショー、各体験講座は電話(九州芸文館 0942-52-6435)のみでの事前予約制です。時間など詳しくは九州芸文館のホームページ(http://www.kyushu-geibun.jp/main/4094.html)をご覧ください。

 

三奈木砂糖

 

11月3日、4日に九州芸文館で行われる筑後七国和菓子博で、昔から食べられている小麦粉のおやつ、「ふなやき」作り講座をさせていただきますが、そのときに使う朝倉産の黒糖を、朝倉市にある床島屋製菓さんに分けていただきに伺いました。

昔は黒糖の原料となるサトウキビの栽培が筑後平野でも盛んでした。近年は輸入砂糖が増えたため栽培が一時途絶えたそうですが、再び朝倉市で生産再開されたものとのことです。

毎年12月にその年に採れた新物が出るそうで今の時期はもうほとんど残ってないとのことですが、貴重な黒糖を分けていただいた床島屋製菓さんに大変感謝です!

 

筑後七国和菓子博の公式サイトはこちらです ↓

http://www.kyushu-geibun.jp/main/4094.html

 

筑後七国和菓子博ブログはこちらです ↓

http://chikugonanakokuwagasihaku.yoka-yoka.jp/

FOOD EXPO九州に出展しております^^

IMG_1252

福岡国際センターにて今日5日まで行われているFOOD EXPO九州に出展しております。ブースデザインを大幅に刷新しまして、以前のをご存知の方からは「すっかり変わりましたね!」のお声を頂戴しました。デザインも大事ですね!

「みなみの幸」を使ったレトロバゲットと、
「かめ」を使ったケーキをどうぞお召し上がりください。特に、市販の薄力粉と食べ比べていただき粉の違いを感じてもらえればと思います。

初日は数多くのお知り合いの方やお客様がいらっしゃいました。お越しくださり大変ありがとうございました。

最終日の今日5日は16時まで開催しております、どうぞお越しください。

IMG_1276

 

福岡県庁 よかもんカフェにて小麦粉のお話を

1月26日に、福岡県庁11階のよかもんカフェにて小麦粉の話をしてまいりました。

一昨年10月に続いて2回目で、前回は市販の外国産の小麦粉とうちの薄力粉とを使い、同じレシピで作ったバターケーキの食べ比べをしましたが、今回はより小麦粉自体の味わいを知っていただこうと思い、筑後地方に昔から食べられている小麦粉のおやつ、「ごろし」を試食していただきました。

今のはやりは「時短」「手軽」で、小麦粉を家庭で使う機会も減る一方ですが、小麦粉を使う簡単な料理もたくさんあり、だんご生地を作って味噌汁にいれれば”だご汁”に、茹でてきな粉や小豆餡をあえればおやつになりますし、添加物の心配もなく経済的です。お子さんも喜びますし、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

IMG_0085