田中製粉有限会社

田中製粉有限会社は、焼き菓子や和洋菓子などに適した、福岡県産小麦100%を使った小麦粉(薄力粉)を製造する会社です。

TEL.0943-22-4314

〒834-0065 福岡県八女市亀甲405-1

第一回筑後七国和菓子博のお知らせ

第一回筑後七国和菓子博のお知らせ

11月3日~4日、九州芸文館(福岡県筑後市)にて、「第一回 筑後七国和菓子博」が開催されます。(主催:九州芸文館)
詳しくは下のポスターと、以下の九州芸文館のサイトをご覧ください。

http://www.kyushu-geibun.jp/main/4094.html

私も微力ながらお手伝いさせていただいております!

本博の目的について、開催要領から一部抜粋しますと、、
筑後南部地域には風土や歴史に育まれた独自の菓子文化がありますが、洋菓子の台頭による売上の減少や高齢化により、その担い手である和菓子店は減少している現状です。
そこで九州芸文館では筑後南部地域の和菓子を多面的に取り上げ、その魅力を発信することにより、地域独自の和菓子文化の発展を目指す。

というものですが、要は、地元の美味しい和菓子のことをもっと知ってもらいたい! という企画です。

代々、筑後平野の小麦を地元のお菓子向けに挽いている粉挽き屋として、これらの企画をずいぶんと前から計画されていた和菓子好きの熱い方々とご一緒させていただき、いろいろと勉強させていただきました。

筑後七国(筑後市・八女市・柳川市・大川市・みやま市・大木町・広川町)がある筑後平野は、筑後川、矢部川といった大きな河川と肥沃な平野があり昔からお米や小麦などが採れる豊かな穀倉地帯。

穀倉地帯と豊富な水、豊富な木材があったおかげで、それらを使ったたくさんの産業が生まれました。

昔からある和菓子に加え、江戸時代のシュガーロードの存在によって特に北部九州には独自の菓子文化が発展しました。

そして八女市をはじめこのあたりは日本でも有数のお茶の産地で、緑茶は和菓子には必ずといっていいほど必要なもの。

こう考えると「和菓子」の文化が根ざす条件はもう揃っていたんですね!

 

和菓子博の内容についてはここではあえて書かずにHPを見ていただければと思いますが、9月に亡くなられた樹木希林さんの最後の主演映画となった映画「あん」の上映や、共演された永瀬正敏さんをお迎えしてのトークショーなどを予定しております。
私は昔ながらの小麦粉のお菓子「ふな焼き」作りをしますので、ぜひぜひ遊びに来てください!

なお、映画「あん」上映や、出演された永瀬正敏さんのトークショー、各講座については九州芸文館へお電話(0942-52-6435)にて事前予約が必要です。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です