田中製粉有限会社

田中製粉有限会社は、焼き菓子や和洋菓子などに適した、福岡県産小麦100%を使った小麦粉(薄力粉)を製造する会社です。

TEL.0943-22-4314

〒834-0065 福岡県八女市亀甲405-1

小麦粉を使った料理、お菓子

第一回筑後七国和菓子博にて、ふなやき講座をさせていただきました

第一回筑後七国和菓子博は、おかげさまで多くの方にお越しいただき、無事に閉幕いたしました。
和菓子博にお越しいただいた皆様、大変ありがとうございました!

私も実行委員として関わらさせていただきまして、非常に貴重な経験をさせて頂きました。
関係されたすべての皆様に深く御礼、感謝申し上げます。

11月4日の「ふなやき講座」ではほぼ満員となるご参加をいただきました。
子供のころふなやきをよく作られていたという世代の方も多く、ふなやきの思い出話をうかがったり、参加者同士で楽しく自由に盛り付けをされて、楽しかったという声をたくさん頂戴しました。

これからも地元の美味しい和菓子をはじめ、美味しい食べ物、食文化を楽しく伝えていければと思います。

三奈木砂糖

 

11月3日、4日に九州芸文館で行われる筑後七国和菓子博で、昔から食べられている小麦粉のおやつ、「ふなやき」作り講座をさせていただきますが、そのときに使う朝倉産の黒糖を、朝倉市にある床島屋製菓さんに分けていただきに伺いました。

昔は黒糖の原料となるサトウキビの栽培が筑後平野でも盛んでした。近年は輸入砂糖が増えたため栽培が一時途絶えたそうですが、再び朝倉市で生産再開されたものとのことです。

毎年12月にその年に採れた新物が出るそうで今の時期はもうほとんど残ってないとのことですが、貴重な黒糖を分けていただいた床島屋製菓さんに大変感謝です!

 

筑後七国和菓子博の公式サイトはこちらです ↓

http://www.kyushu-geibun.jp/main/4094.html

 

筑後七国和菓子博ブログはこちらです ↓

http://chikugonanakokuwagasihaku.yoka-yoka.jp/

福岡県庁 よかもんカフェにて小麦粉のお話を

1月26日に、福岡県庁11階のよかもんカフェにて小麦粉の話をしてまいりました。

一昨年10月に続いて2回目で、前回は市販の外国産の小麦粉とうちの薄力粉とを使い、同じレシピで作ったバターケーキの食べ比べをしましたが、今回はより小麦粉自体の味わいを知っていただこうと思い、筑後地方に昔から食べられている小麦粉のおやつ、「ごろし」を試食していただきました。

今のはやりは「時短」「手軽」で、小麦粉を家庭で使う機会も減る一方ですが、小麦粉を使う簡単な料理もたくさんあり、だんご生地を作って味噌汁にいれれば”だご汁”に、茹でてきな粉や小豆餡をあえればおやつになりますし、添加物の心配もなく経済的です。お子さんも喜びますし、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

IMG_0085

cookpadに初投稿してみました☆

レシピサイト Cookpadに初投稿してみました☆

手始めに、、、我が家に昔から伝わる小麦粉スイーツを投稿してみましたよ。

ごろしにしようかふなやきにしようかまよいましたがまずはごろしで。

IMG_20160116_154602

ぜひお試しください(^^♪

http://cookpad.com/recipe/4023219

 

小麦粉を使った簡易料理

小麦粉を使った簡易料理(というか非常食)についてご紹介します。

こういう情報でも、少しでもお役にたてれば。

どれもだんごの作り方は同じです。

■だご汁

必要なもの:
小麦粉(薄力粉以外でもOKでしょう)、ボール、鍋、水、火、味噌、お好きなみそ汁の具

作り方:
(1)ボールに小麦粉を入れ、水を少量ずつ加えてこねます。
(2)ボールにへばりついた小麦粉がきれいに取れて団子状に
なるまでこね続けます。(耳たぶくらいの硬さ)
(3)必ずではないですが、ボールに濡れ布巾をかぶせてしばらく寝かせておくとダンゴののびがよくなります。
(4)鍋で適当にみそ汁を焚いておきます。
(5)小麦粉のだんごを一口サイズくらいにちぎりながら、みそ汁の
鍋に入れて茹でます。(薄くちぎっておくとすぐに茹ります。)

■小麦粉だんご

必要なもの:
小麦粉(薄力粉以外でもOKでしょう)、ボール、鍋、水、火、お好みで砂糖醤油やきな粉

作り方:
(1)ボールに小麦粉を入れ、水を少量ずつ加えてこねます。
(2)ボールにへばりついた小麦粉がきれいに取れて団子状に
なるまでこね続けます。(耳たぶくらいの硬さ)
(3)鍋でお湯を沸騰させておきます。
(4)小麦粉のだんごを棒状や一口サイズにちぎり、
鍋に入れて茹でます。(薄くちぎっておくとすぐに茹ります。)
(5)お好みで砂糖醤油やきな粉をかけます。

■煮しめごろし

必要なもの:
小麦粉(薄力粉以外でもOKでしょう)、ボール、鍋、水、火、砂糖醤油

作り方:
(1)ボールに小麦粉を入れ、水を少量ずつ加えてこねます。
(2)ボールにへばりついた小麦粉がきれいに取れて団子状に
なるまでこね続けます。(耳たぶくらいの硬さ)
(3)しばらく置きます。
(4)のばすとどんどん伸びるので麺のように長くのばします。
(5)それを鍋でゆでます。
(6)砂糖と醤油を入れ、煮詰めます。(煮る時間が長いと焦げ付きます。)

『肥前の菓子―シュガーロード長崎街道を行く』(村岡安廣さん著)を訪ねて

肥前の菓子―シュガーロード長崎街道を行く』(村岡安廣さん著、佐賀新聞社 出版)という本があります。

この本に「田中さんとこがでてた!」とある方に教えてもらい、この本をネットで探して入手しました。

するとうちの社長も知らないような昔の話も載っており、うちが100年以上も前から納品させていただいている黒棒というお菓子の歴史なども載っていて非常に面白い内容でした。

そこで著者の村岡さん(佐賀県小城市にある株式会社村岡総本舗 代表取締役社長で現在は小城商工会議所会頭もされていらっしゃいます)にお話を伺えないか連絡したところ、ご多忙にもかかわらず快諾してくださりお話を伺ってきました。

P2104631

まずはうちのことがどのように書かれているのか、社長の許可をいただきましたので引用します。

(『肥前の菓子』p.133より)

黒棒01

黒棒02

これによると、「小麦粉と同様のしとり感、きめの細かさ」が当時からのうちの小麦粉の特徴だったことがわかり、それは現在うちが作っている小麦粉の特徴とも一致することがわかってとても驚き、先人の技術と知恵が詰まった製粉技術を続けていく使命を改めて感じました。

そして水利権のことが言及されていますが、うちには1960年頃までは水車を動力として製粉機を動かしていました。幅1間、直径3間~4間くらいあったというその水車を動かすため、横に流れている山の井川から水路を工場の中に引き込んでいたそうです。

その水車を動かすためには川の水利権が必要で、当時の水利権の免許証が写真として残っていましたのでここで載せておきます。

IMG_4298trim IMG_4295trim

ちなみに田中半助さんは私のひいひい爺さんになります。

村岡社長にこの写真をお見せしたところ、小城市も昔は同じ三潴県だったそうでした。というと一体、三潴県はどの範囲だったのか調べたくなってきますね。

それから、うちの小麦粉の布袋に、「研究積んで菓子に向く、亀甲の〇タ印」という表示があったということはうちの社長ですら知らなかった話でした。。(^^;

現在はうちの紙袋には、地名である亀甲から「かめ」を取り亀の絵柄を印刷しておりますが、過去そのような表示があったとは、この本を読んで初めて知りました。

小城市を含む佐賀平野は昔から小麦の産地で、素麺や饅頭が食べられており、また江戸時代は長崎の出島から輸入された砂糖の通り道で、欧州から製菓技術などが入ってきたことから、丸ぼうろなど様々な南蛮菓子が作られていたとのこと。またきれいな水もあったころから、酒造りも盛んだったそうです。

偶然にも、八女市も小麦の産地で、かつ水もきれいだったことから、小麦粉のいろいろな食文化があり、また美味しい酒どころでもあります。

小城市も八女市もともに歴史も古く、思った以上に共通点があることが発見でした。

シュガーロードの歴史だけでも本当に奥が深そうで、私の家業のルーツにもつながり大変面白かったです。

それから、村岡総本舗さんの羊羹についても。

まず戴いたのは紅煉(べにねり)という羊羹でした。

材料が本当にシンプルで、やさしい甘みがとても印象的でした。

高級な白小豆をふんだんに羊羹に使うのはほんとうに稀だそうで、また糸寒天と角寒天とうのを使っており、そこは美味しい食感を出すために、コストがかかるものの妥協できない点とのことでした。

また2015年にはミラノ万博で、イタリア人に羊羹を食べてもらったとのこと!大変精力的に活動されていらっしゃいました。

村岡総本舗さんの切り羊羹は、製法、原材料などが評価され、「本場の本物」の認定も受けていらっしゃいます。こちらのページをご覧ください。→「本場の本物」

それから、村岡総本舗さんの本店のすぐ横には資料館があり、昔羊羹を作った時の入れ物や原材料などが展示されており、こちらも面白いです!

ほんとうにお話が面白くて夢中になりすぎて写真をほとんど撮り忘れてしまいました。。(^^;

 

村岡社長、お忙しいところ大変面白いお話を聞かせていただきまして大変ありがとうございました!

参考:

株式会社村岡総本舗:小城羊羹を製造・販売されています。明治32年創立

本場の本物

 

いろいろなパンを焼いてみました☆

先日、とある商談会にて、、

うちの福岡県産準強力粉「みなみの幸」を使っていろいろとパンを焼いて持ってまいりました!

P2024609

P2024610

ちなみに、私はパンは作れませんので、、、家人にお願いしました(^^;

左側がカントリーケーキ、

右側がパン3種盛りです。

そしてイングリッシュマフィンとカントリークッペのPOPが逆になっています(^^;

イングリッシュマフィンには全粒粉も使っていますよ!

うちの特徴は、挽きたての石臼挽き全粒粉を提供できる点です。挽きたては本当に香ばしいですよ(^^)

今年はパンやお菓子をそれなりに作れるようになるのが目標です!

 

そして最近新しいキャラが増えました☆☆☆

P2024614

「かめパン」です!!

どうですか?可愛いでしょう(^^)

薄力粉の商品名の「かめ」シリーズで揃えてみました。

冬の間は持ってくれそうですのでまた別の商談会でもお披露目することがあるかもしれません。

P2024616

そしてお隣さんはお友達の牛島製茶の牛島くんでした。

なにやらおしゃれなポットやらグラスやらがいろいろと展開、、

いい香りが漂ってきてましたよ。

牛島君、抹茶チョコレートありがとうございました(^^)

 

恋グルウィーク2016にて謎のスイーツ「ごろし」作り!

みなさん、福岡県南部に「ごろし」という物騒な名前の食べ物があるのをご存知ですか?

大分では「やせうま」ということもあるようですが、要は小麦粉で作った団子に、きな粉や餡子などをかけて食べる、昔からある郷土スイーツなのです!

その「ごろし」を作ろう!というイベントが2016年1月30日、福岡県筑後市の九州芸文館で行われます。私が講師となり。。(^^;

詳細や申し込み方法は以下のサイトをご覧ください。

まだ余裕があるかもしれません。

粘土遊びが好きなお子さんは特にはまると思います、ぜひぜひ親子でご参加を!

なんと豪華なお土産付き☆☆☆

 

チラシ

この時期はだご汁がおすすめです(^^)/

12241594_1016529491746261_8478270748834902045_n

だんだんと寒くなってくるこの時期、おすすめの小麦粉料理は「団子汁」です(^^)
九州では「だご汁(だんご汁)」、関東などでは「ほうとう」「すいとん」、岩手などでは「ひっつみ」などとも呼ばれますが、小麦粉を団子にして野菜とともに味噌で煮立てた汁ものですね。

わざわざ団子粉を買う必要はなく、小麦粉に水を混ぜ、耳たぶくらいの硬さかちょっと柔いくらいになるまで加減して生地をこねます。
生地を丸くまとめて上からラップや濡れふきんをかけ、2~3時間程度寝かせます。
水の代わりにお湯にすると寝かせる時間は短くて済みますよ。
その間に野菜などを味噌で煮立てておきます。
団子の生地を寝かせたあと、少しずつ伸ばしながらちぎって鍋の中に入れて煮込みます。
これで出来上がり!
お好みでネギなどをかけてお召し上がりください。

福岡県庁11階カフェにて小麦粉のお話をしました

ちょっと前ですが、10月30日に福岡県庁11階のよかもんカフェさん主催のイベント「小麦粉を知ろう」で小麦粉の話をしてきました。
市販の薄力粉とうちの薄力粉とでケーキの食べ比べクイズに始まり、
博多は日本において製粉技術やうどん、まんじゅうなどの発祥の地であることや、
福岡県が北海道に次いで小麦の生産が多いということ、なんで福岡には小麦粉の銘菓が多いか、
果ては全粒粉やら遺伝子組み換えやらポストハーベストやら話していたら時間が足りなくなり、
グルテンフリーの実際のところとかは言いそびれてしまったww
でも参加者の皆さんといろいろなことを話せて、たくさんの「へぇ~~!」もいただいたし、なかには鋭い指摘もあり私自身もとても勉強になりました。
ラー麦もいいけど、うどん用の小麦も福岡にはありまっせ!ということを次回は言わないといけないなぁ。
頂いたアンケートを読んでいたら、楽しかった!勉強になった!という言葉をいただいてとても嬉しかったです。
今日はぐっすり寝れます。。(^^;
よかもんカフェさん、ありがとうございました!

 

12196225_1006825322716678_1574004599486590650_n

12193472_1006825906049953_6872150760006423876_n

福岡県庁11階の展望室で一夜限りのbarがOPEN!

福岡県庁の11階に、リニューアルされた「よかもんひろば」と呼ばれる展望室があるのをご存知でしょうか?
博多湾や島々が一望できるほど眺めがよく、その一角にある「よかもんカフェ」では福岡県内の食材を使ったメニューがあります。そこでいま弊社の小麦粉を使ったお菓子を出していただいています。
そのよかもんカフェにて、1 night cafe barが開かれ、行ってまいりました。
今回は八女市の食材を集めたメニューがたくさん!

しかしあいにく写真がこれしか撮れませんでした。。(^^;

 

2015-08-27 20.29.20
こちらのパイはほんと美味しくて、出るとすぐにみんなの手が伸びて無くなってしまうという盛況ぶり!
たくさん残っている状態を奇跡的に撮影できました(笑)
パイ生地からすべて作られるパティシエンヌさんの技術とスピードに脱帽です。。


1 night cafe barはまた次回、メニューを変えてあるようですよ。
御馳走様でした!

 

「アルティザン」さんのパン

行ってきました、うちの福岡県産強力粉「みなみの幸」を使っていただいているパン屋さんへ!
福岡市の大手門にある「アルティザン」さんです(^^)
油脂、卵、乳製品、砂糖を使わず、「みなみの幸」100%のバゲットなどハード系のパンを作られています。
ここのオーナーの方はほんとパン職人さんという感じで、材料から作り方からかなりのこだわりを持っていらっしゃいます。
りんご酵母のパンなど、なんだか奥深そうな世界・・(^^;

小麦粉はお菓子屋さんやパン屋さんにとっては出来、不出来を左右するとても重要な材料です。
「この粉を使いたい!」と、市販の外国産小麦粉ではなく無添加の福岡県産小麦粉に変える決断をしていただき、美味しいパンを作り上げていただいたことにただただ感謝です。
国産の添加物なしのパン用強力粉は、市販の調整された外国産強力粉と比べて扱いづらさがありますが、その味わいや食感は独特のもので、「なんかこの粉すごいんすよ!」と、美味しさを日々追求していらっしゃいました。

ハード系のフランスパンでよく使われる小麦粉はタイプ65という小麦粉なのですが、実はうちの「みなみの幸」は成分的に見てもまさにそのタイプなんです。
福岡県産小麦粉なのにフランスパンに向くってけっこう驚きでしょ?

香ばしくてもちもち感があり、お客様にも大変好評だそうですよ(^^)
遠方からはるばる買いに来られるお客様もいらっしゃるそうです。
お客様の生の声を伺うととてもうれしいですね!(>▽<)

アルティザン ファインベーカリー
福岡市中央区大手門2-10-17 1F
TEL 092-724-6079
定休日:月曜日

P5092133edited

中華まんを作りました♪

先週の日曜日はとあるイベントにて、たくさんの親子が集まってみんなで中華まんを作りました。

教えていただいたのはいつものように佐世保からはるばる来ていただいたシェフの方に。

主催はいつも市内の食育講座で教えられている方です。

前回は餃子でしたが、今回は中華まん、しかも中の具は、昨日獲れたばかりの旬のタケノコ! 市内の美味しい豚肉! そして皮はもちろん、うちで挽いた福岡県産の小麦粉で!!

まずはボウルに粉を入れます。

 

10458338_823007997775797_5220793064671199148_n

以下、ダーッと省略して、

P3221521

蒸しあがりました(^^;

そして中を割ると、

11083623_823012207775376_4335012896343387983_n

タケノコが♪

実は福岡県八女市は市町村単位でタケノコの出荷量は日本一。

他にもピザまんも作りました。

11045400_823012104442053_1619149850875483842_n

参加していたお子さんたちのなかには2歳、3歳の子供たちもいましたが、生地をこねるのは実は普段から粘土で練習していたのですね。しっかりとお手伝いをしていました。

生地を伸ばす、包むということも一度教えればもうやれるんですね。

なかには子供と一緒に参加したお父さんの姿も。

普段料理をやらないお父さんも「楽しかった!」という感想を頂きましたよ。

普段コンビニで食べる肉まんには保存料や添加物が入っていますが、手作りの肉まんは本当に美味しかったです!

皆様ごちそうさまでした(^^)

フランスパン生地の「モーレ」を焼いてみました♪

最近販売を始めた福岡県産強力粉の「みなみの幸」(みなみのさち)で、フランスパン生地の「モーレ」を作ってみました♪

けしの実のかわりにゴマを使ってます。

1621972_812983872111543_3402143729232088042_n

とても香ばしく、焼きたては外側の生地はパリッ、サクッとした食感で、中はフワッと仕上がりましたよ(^o^)

夜に焼きあげたのですが、ついつまみ食いしてしまいました(^^;
「みなみの幸」は、強力粉というよりフランスパン用粉と言ったほうがいいかもしれません。

タンパク質が低め(約10%)で灰分が高め(0.6~0.7%)なので、フランスパンなどのハード系のパンに向いてます。

逆に、家庭のホームベーカリーで焼く、ふわっとした食パンなどにはタンパク質が12%以上の強力粉がおすすめです。

国産の小麦粉でフランスパンが!?とお思いかもしれませんが、フランスでは日本のように白くてふわっとしたパンよりも、やや色がついてハード系のパンが一般的なようです。

小麦粉も、タンパク質が低めでどちらかというと中力粉に近い強力粉で、パンを作るようですよ。

福岡県産小麦のミナミノカオリは、そんなフランスパン用に実は向いているのですね。

パンの種類によって、向いている小麦粉があります。

メーカーによって小麦粉に違いがありますので、いろいろとお試しください。

なお、「みなみの幸」は、以下のよかもん市場のサイトでお取り扱いしております。

http://www.yokamon.jp/shop/Y1059/S10590010

餃子パーティー開催!

先週末は八女市内にて、うちの中力粉「ちくごゆたか」を使った餃子パーティーが開催されました。

主催はいつもうちの小麦粉でお菓子など作っていただいている食育講座の先生で、今回も佐世保から、卵、牛乳、小麦粉を使わないケーキ屋さんを経営されているシェフにお越しいただき、面白おかしく開いていただきました。

いつもシェフには、食育の大切さ、というか楽しく料理して食べることの大事さを教えていただきます。

そして、なぜ国産がいいのか、食品添加物を使わない理由、アレルギーのこと、など、特に子供をもつ親たちにとって大事なことをいろいろと教えてくださいます。

私も毎回とても勉強になっております。

それでいてユーモアたっぷりなのでみなさんとても楽しまれておりますよ(^^)

 

去年は話題の製麺機で餃子の皮を作ってみましたが、あれだとスーッと筋が入ってたりするとそこで皮が割れてしまったりするのですよね。

やっぱり、手でのばして作る、”王道”の餃子の皮が一番おいしい!

今回は水餃子と焼き餃子と両方を、それぞれちょっと違う配合にて。

市販の餃子に食べ慣れているので、その違いは歴然と感じれました。

野菜のシャキシャキ感、具のジューシーさ、皮のモチモチ感とうまみ・・。

時間はかかりましたが、これはほんと美味しかったです!

P2211052edited

P2211067edited

P2211073edited

また、材料は、小麦粉も含めてすべて国産。

聞くところによると、本場中国では水餃子が一般的で、焼き餃子は残った餃子を翌日焼いて食べることが多いそうでした。

水餃子にするとモチモチさと皮の味わいがよく感じられてお勧めですよ!!

 

なお、今回使った中力粉「ちくごゆたか」は、現在まだ業務用しか販売しておりません。

近々、弊社のちかくの「よらん野」(筑後市)とAコープ八女店で家庭用サイズを試験的に販売する予定です。

しばしお待ちください!