田中製粉有限会社

田中製粉有限会社は、焼き菓子や和洋菓子などに適した、福岡県産小麦100%を使った小麦粉(薄力粉)を製造する会社です。

TEL.0943-22-4314

〒834-0065 福岡県八女市亀甲405-1

イベント情報

第一回筑後七国和菓子博にて、ふなやき講座をさせていただきました

第一回筑後七国和菓子博は、おかげさまで多くの方にお越しいただき、無事に閉幕いたしました。
和菓子博にお越しいただいた皆様、大変ありがとうございました!

私も実行委員として関わらさせていただきまして、非常に貴重な経験をさせて頂きました。
関係されたすべての皆様に深く御礼、感謝申し上げます。

11月4日の「ふなやき講座」ではほぼ満員となるご参加をいただきました。
子供のころふなやきをよく作られていたという世代の方も多く、ふなやきの思い出話をうかがったり、参加者同士で楽しく自由に盛り付けをされて、楽しかったという声をたくさん頂戴しました。

これからも地元の美味しい和菓子をはじめ、美味しい食べ物、食文化を楽しく伝えていければと思います。

第一回筑後七国和菓子博を西日本新聞さんに取り上げていただきました

今日(10月24日)の西日本新聞筑後版にて、11月3日、4日の和菓子博についての連載がスタートしました!

こちらをご覧ください。 ↓

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikugo/article/459849/?fbclid=IwAR2wrgvc8CyeIKfEonxIBaxsTuyccosKN5b9nrJ-WZPUQ_JF9UW0RMiXIbc

お菓子好き、甘党、映画好き、写真好き、歴史好き、料理好き、手作り好きな人にきっと楽しんでいただけるような内容になっています。ぜひぜひ和菓子博にお越しください~(^^)

私は「ふなやき」講座を担当します!
場所は九州新幹線の筑後船小屋駅隣の九州芸文館です。

なお、映画「あん」の上映、永瀬正敏さんトークショー、各体験講座は電話(九州芸文館 0942-52-6435)のみでの事前予約制です。時間など詳しくは九州芸文館のホームページ(http://www.kyushu-geibun.jp/main/4094.html)をご覧ください。

 

三奈木砂糖

 

11月3日、4日に九州芸文館で行われる筑後七国和菓子博で、昔から食べられている小麦粉のおやつ、「ふなやき」作り講座をさせていただきますが、そのときに使う朝倉産の黒糖を、朝倉市にある床島屋製菓さんに分けていただきに伺いました。

昔は黒糖の原料となるサトウキビの栽培が筑後平野でも盛んでした。近年は輸入砂糖が増えたため栽培が一時途絶えたそうですが、再び朝倉市で生産再開されたものとのことです。

毎年12月にその年に採れた新物が出るそうで今の時期はもうほとんど残ってないとのことですが、貴重な黒糖を分けていただいた床島屋製菓さんに大変感謝です!

 

筑後七国和菓子博の公式サイトはこちらです ↓

http://www.kyushu-geibun.jp/main/4094.html

 

筑後七国和菓子博ブログはこちらです ↓

http://chikugonanakokuwagasihaku.yoka-yoka.jp/

FOOD EXPO九州に出展しております^^

IMG_1252

福岡国際センターにて今日5日まで行われているFOOD EXPO九州に出展しております。ブースデザインを大幅に刷新しまして、以前のをご存知の方からは「すっかり変わりましたね!」のお声を頂戴しました。デザインも大事ですね!

「みなみの幸」を使ったレトロバゲットと、
「かめ」を使ったケーキをどうぞお召し上がりください。特に、市販の薄力粉と食べ比べていただき粉の違いを感じてもらえればと思います。

初日は数多くのお知り合いの方やお客様がいらっしゃいました。お越しくださり大変ありがとうございました。

最終日の今日5日は16時まで開催しております、どうぞお越しください。

IMG_1276

 

福岡県庁 よかもんカフェにて小麦粉のお話を

1月26日に、福岡県庁11階のよかもんカフェにて小麦粉の話をしてまいりました。

一昨年10月に続いて2回目で、前回は市販の外国産の小麦粉とうちの薄力粉とを使い、同じレシピで作ったバターケーキの食べ比べをしましたが、今回はより小麦粉自体の味わいを知っていただこうと思い、筑後地方に昔から食べられている小麦粉のおやつ、「ごろし」を試食していただきました。

今のはやりは「時短」「手軽」で、小麦粉を家庭で使う機会も減る一方ですが、小麦粉を使う簡単な料理もたくさんあり、だんご生地を作って味噌汁にいれれば”だご汁”に、茹でてきな粉や小豆餡をあえればおやつになりますし、添加物の心配もなく経済的です。お子さんも喜びますし、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

IMG_0085

いろいろなパンを焼いてみました☆

先日、とある商談会にて、、

うちの福岡県産準強力粉「みなみの幸」を使っていろいろとパンを焼いて持ってまいりました!

P2024609

P2024610

ちなみに、私はパンは作れませんので、、、家人にお願いしました(^^;

左側がカントリーケーキ、

右側がパン3種盛りです。

そしてイングリッシュマフィンとカントリークッペのPOPが逆になっています(^^;

イングリッシュマフィンには全粒粉も使っていますよ!

うちの特徴は、挽きたての石臼挽き全粒粉を提供できる点です。挽きたては本当に香ばしいですよ(^^)

今年はパンやお菓子をそれなりに作れるようになるのが目標です!

 

そして最近新しいキャラが増えました☆☆☆

P2024614

「かめパン」です!!

どうですか?可愛いでしょう(^^)

薄力粉の商品名の「かめ」シリーズで揃えてみました。

冬の間は持ってくれそうですのでまた別の商談会でもお披露目することがあるかもしれません。

P2024616

そしてお隣さんはお友達の牛島製茶の牛島くんでした。

なにやらおしゃれなポットやらグラスやらがいろいろと展開、、

いい香りが漂ってきてましたよ。

牛島君、抹茶チョコレートありがとうございました(^^)

 

恋グルウィーク2016にて謎のスイーツ「ごろし」作り!

みなさん、福岡県南部に「ごろし」という物騒な名前の食べ物があるのをご存知ですか?

大分では「やせうま」ということもあるようですが、要は小麦粉で作った団子に、きな粉や餡子などをかけて食べる、昔からある郷土スイーツなのです!

その「ごろし」を作ろう!というイベントが2016年1月30日、福岡県筑後市の九州芸文館で行われます。私が講師となり。。(^^;

詳細や申し込み方法は以下のサイトをご覧ください。

まだ余裕があるかもしれません。

粘土遊びが好きなお子さんは特にはまると思います、ぜひぜひ親子でご参加を!

なんと豪華なお土産付き☆☆☆

 

チラシ

福岡県庁11階カフェにて小麦粉のお話をしました

ちょっと前ですが、10月30日に福岡県庁11階のよかもんカフェさん主催のイベント「小麦粉を知ろう」で小麦粉の話をしてきました。
市販の薄力粉とうちの薄力粉とでケーキの食べ比べクイズに始まり、
博多は日本において製粉技術やうどん、まんじゅうなどの発祥の地であることや、
福岡県が北海道に次いで小麦の生産が多いということ、なんで福岡には小麦粉の銘菓が多いか、
果ては全粒粉やら遺伝子組み換えやらポストハーベストやら話していたら時間が足りなくなり、
グルテンフリーの実際のところとかは言いそびれてしまったww
でも参加者の皆さんといろいろなことを話せて、たくさんの「へぇ~~!」もいただいたし、なかには鋭い指摘もあり私自身もとても勉強になりました。
ラー麦もいいけど、うどん用の小麦も福岡にはありまっせ!ということを次回は言わないといけないなぁ。
頂いたアンケートを読んでいたら、楽しかった!勉強になった!という言葉をいただいてとても嬉しかったです。
今日はぐっすり寝れます。。(^^;
よかもんカフェさん、ありがとうございました!

 

12196225_1006825322716678_1574004599486590650_n

12193472_1006825906049953_6872150760006423876_n

福岡県庁11階の展望室で一夜限りのbarがOPEN!

福岡県庁の11階に、リニューアルされた「よかもんひろば」と呼ばれる展望室があるのをご存知でしょうか?
博多湾や島々が一望できるほど眺めがよく、その一角にある「よかもんカフェ」では福岡県内の食材を使ったメニューがあります。そこでいま弊社の小麦粉を使ったお菓子を出していただいています。
そのよかもんカフェにて、1 night cafe barが開かれ、行ってまいりました。
今回は八女市の食材を集めたメニューがたくさん!

しかしあいにく写真がこれしか撮れませんでした。。(^^;

 

2015-08-27 20.29.20
こちらのパイはほんと美味しくて、出るとすぐにみんなの手が伸びて無くなってしまうという盛況ぶり!
たくさん残っている状態を奇跡的に撮影できました(笑)
パイ生地からすべて作られるパティシエンヌさんの技術とスピードに脱帽です。。


1 night cafe barはまた次回、メニューを変えてあるようですよ。
御馳走様でした!

 

餃子教室@Fantas market in 長崎

P5232399

長崎県の長与町にあるFantas marketというスーパーマーケットで開かれる餃子教室に、縁あって小麦粉の話をしに行ってきました。

餃子教室で教える江口さんは佐世保にあるプチラパンという、卵・乳製品・小麦粉を使わないお菓子を作るお菓子屋さんの店主で、その方が何度も八女市に来られて「親子de餃子教室」やら「餃子合コン」wやらで餃子や肉まん作りを教えてもらっておりましたので。

小麦粉を使わないケーキやさんが、なぜ小麦粉を使った餃子教室を開くのか?

実は江口さんはもともとレストランでシェフをされており、お菓子だけでなく料理の腕も一流なのです。そして各地でこのような料理教室を開いており、家庭料理の大切さ、既製品の食べ物の危なさなどを話されているんです。

私も江口さんの活動に共感し、あとは単純に江口さんのお話が面白いという理由で(笑)何度もご一緒させてもらっています。

先月、こんど長崎で餃子教室をするよ、という話を聞き、場所を伺うと偶然にもうちの商品「かめ印の小麦粉」を長崎県で唯一取り扱っていただいているというFantas marketさんではありませんか!

これはもう行かない理由はない、ということで行ってきました。

参加された方々はいずれも食、とくに安全な食べ物について関心の高い方々ばかり。

薄力粉と強力粉の違い、国産小麦粉の特徴、輸入小麦とはどうちがうのか?ポストハーベスト農薬のこと、などをお話ししに行ってきました。

砂糖は・・・牛乳は・・・などなど、みなさんと情報交換。

私も勉強になりました!

P5232380

そして、ごま油やら塩やらソースやら、使うのがもったいないくらい良質な材料を惜しげもなく使って餃子の具と皮を作っていきます。

P5232396

プルプル食感の水餃子♪

キャベツはざく切りのほうが食感が残って美味しいそうですよ(^^)

参加者の方々は餃子の皮を包むコツを掴み、うまく作っておられました。私は何度やってもうまくなりません(笑)

P5232391

そして出来上がったものをみんなで戴きました(^^)

 

Fantas marketの商品もほんとすばらしい品揃えでした!

普通のスーパーには売ってないもの、とくに国産、無添加、無農薬、オーガニックなどの商品がたくさん並んでいて、ついつい私もいろいろと買って帰りました。

 

長崎の皆さん、ぜひFantas marketに足をお運びください(^^)

 

Fantas market

長崎県西彼杵郡長与町嬉里郷456

TEL/095-883-6131

 

九州食の展示商談会in熊本 に出展いたしました

ちょっと遅くなりましたが、11月19日、20日の両日、グランメッセ熊本にて九州食の展示商談会に出展いたしました。

私自身はこの展示商談会に出展するのは初めてでしたが、今年で四回目ということで、来場者の方々もずいぶんと多かった印象がありました。

ブースのうち4割近くは熊本県からの出展だったような印象があります。熊本県は農業や食に関してはかなり力を入れられているようですね。いつも勉強させていただいているアドバイザーのIさんがおっしゃられておりましたが、熊本県や宮崎県は展示の仕方もかなり勉強されているようで、私も数か所みさせていただきましたがいろいろと「魅せる」工夫をしておられ、とても勉強になりましたよ!

私も初日、平たいテーブルにべたっと展示物を置いてましたが、斜め向かいのイチゴの加工品を作られているブースの方といろいろお話してたら、植木鉢のスタンドを棚替わりにしているとうかがい、さっそく夕方ホームセンターで購入し、二日目に投入しました(笑)

やっぱり、全然違う!いくら説明を聞いてもやらなきゃ意味がないですし良さが分かりませんね。

【左:初日のブース、  右:二日目のブース】

クリップボード01 クリップボード02

どうでしょうか??

実際に立ってみないとわからないのですがね。

これのおかげか、二日目はより多くの方が足を止めておられました。

あとは、外国産薄力粉と、うちの小麦粉とで同じレシピで作ったバターケーキの食べ比べをしていただきました。

二人に一人くらいは「うーん、わからない。。」程度の微妙な違いなのですけどもね。(^^; でも「しっとりしてる!」というのが一番多い意見で、あとは「口どけがいい」「香ばしい」「味わいがある」「甘みを感じる」という声もいただきました。あくまでもその方の感想ですけども。でもケーキ自体は福岡市の人気のお菓子工房さんのもので、どちらも美味しかったのでなおさら難しかったかもしれませんね。(かくいう私は全然ケーキを焼けないのですが。。)

今回、強力粉が間に合えばよかったのですが、生産計画の都合上12月になりそうです。

多くの方からもお問い合わせをいただいておりますのでできるだけ早く製造できるようにいたします。

この展示商談会ではほんとに多くの方とお会いできました。

いま現在のお客様、一度訪問させていただいたお客様、以前ちくご元気計画のイベントで知り合った方、地元の生産者の方々、さまざまなところから来られたバイヤーの方々、同じくブースを出されて顔なじみになった方々、以前の展示会で知り合いになった方々、などなど。

二日間、大変な刺激を受けて頭がふらふらでしたのでようやくブログに書けるようになりましたが、非常に楽しい展示商談会となりました。

ケーキを作っていただいたKさんや、いつも情報発信ツールをお願いしているSさんには今回も大変お世話になりました。

フードエキスポ九州に出展いたしました

2014年10月7日~9日に福岡国際センターで行われたフードエキスポ九州に出展いたしました。

クリップボード01

いままでいろいろな展示商談会にチャレンジして、ようやくディスプレイがちょっとはまともになってきましたが、ディレクターさんから見るとまだいろいろと課題もあるようで、、

今回の展示会のために、背面の布ポスター、業務用の紹介資料を作成しましたが、いずれもお客様に好評でした。間に合ってよかったです!Sさん大変ありがとうございました!

情報発信の大切さを毎回感じております。

さて、今回の展示商談会は国内のみならず海外のバイヤーさんたちも数多く訪れておりました。

海外で小麦粉を販売するなんて全く考えておりませんでしたが、とある海外のバイヤーさんが興味を示していただけるなど意外な販路もあるものだなぁと発見がありました。

他にも様々な方がブースに訪れ、飲食店経営の方や食品メーカーさん、通販会社さんなどなど。

共通の知人の方や、いつもスーパーで小麦粉を買っています!とおっしゃっていただいたバイヤーさんも来られ、三日間大変多くの方とおしゃべりさせていただきました。

三日間を終えて、最近特に国産の食材を求められている方が増えたなぁと感じました。

特に子供を持つ若年層の方がもっとも敏感なようです。

「薄力粉で国産!?」「しかも福岡県産?」と驚かれる方も多かったです。

また、市販の小麦粉と、弊社の小麦粉「かめ」とで、同じレシピで作ったバターケーキの試食も、粉の違いを分かっていただくために今回も行いました。

なかには「うーん、、違いが分からないね・・ハハハ」と苦笑いされる方ももちろんおられましたが、、(^^;

今回は九州中から150社近くも出展されており、出展者さん同士の交流もとても楽しかったです。

来場者の方が、事務局の方々、出展者の方々、大変お疲れ様でした。

九州の食®EXPOに出展してまいりました!

2014年2月10日~11日、北九州市の西日本総合展示場にて、九州の食®EXPOに出展してまいりました。

九州の食にかかわる150以上ものブースが立ち並び、まるでFOODEXのような盛況ぶりでした。

FOODEXと違うのは、展示会ではなく展示商談会であること、また、出展者が大企業ではなく中小企業が中心であることでした。弊社のような小規模な企業にとってとてもマッチする商談会でした。また決定的なのは、Facebookを使って出展者を募ったことだと思います。主催者の方々も本来のお仕事の片手間に何か月も前から準備をしていただいたこと、前日夜から突貫作業で会場の設営をされたことなど、私の想像を超える大変さがあったと思います。

下は開会式の様子です。多くの方が来賓として来られておりました。

P2101354edited

入場してすぐのところにある、各県自慢の逸品コーナーにもこのように。

P2111372edited

ここが弊社のブースです。この日に向けて準備していた、レシピやPOPも間に合いました!

P2101357edited

ブースでは、来場者の方にまず他社の九州産小麦粉と弊社の小麦粉とで、同じレシピで同じ条件で作ったバターケーキを食べていただき、違いを感じていただきました。

体調などのコンディションによっては違いがわからないくらいなのですが、鋭い方は手に取った瞬間から、弾力の違いを感じられたり、食感や口どけ、しっとり感の違いをぴしゃりとおっしゃられたかたも多かったです。特にカフェやレストランの方など日頃から食べなれている方はわかっていただける方が多かったようでした。

弊社の小麦粉は無添加です。当初は違いがわかっていただけるか不安でもありましたが、思っていた以上に、粉の挽き方などでここまで結果が違ってくるのだということをしっかりと伝えることができました。

また、福岡県産の小麦粉がこういった焼き菓子などに向いており、実際に使われていることがほとんど認知されていない状況を少しでも変えることができたのではと思っております。

思い返すと、約2年前のFOODEX JAPANで、八女商工会議所青年部として1ブースを構えたのが展示商談会の始まりでした。そのときにお客様の一人から、「これから小売りもしないとね!」と言われたのがきっかけで、ようやく小売りのパッケージも完成しました。また、あれから3回ほどいろいろなところで出展を経験し、多くの人に支援をいただいてようやくひとつのパターンができてきました。

多くの方の助言に心より感謝いたします。

 

P.S.

他のブースももっと回りたかったのですが、数が多すぎてとても回り切れませんでした!

また、二日目は一般の方も大勢来場され、大変な賑わいでした。

なんと食べ比べ用のバターケーキがたった一時間で無くなってしまうという大誤算・・。

期待されていた方、申し訳ございませんでした!

 

平成26年 ふくおか「農と商工の自慢の逸品」展示商談会

1月29日に福岡市のグランドハイアット福岡にて行われた、ふくおか「農と商工の自慢の逸品」展示商談会に出展してまいりました。

福岡県下で100を超える事業者、団体がブースを構え、特色ある農産物や加工品などを展示されておりました。

小川知事のあいさつに始まり、商談会、個別商談会、そして最後は出展者同士の交流会もあり、収穫の大きかった商談会となりました。

今回は、小麦粉の特徴をより分かってもらえるよう、弊社の小麦粉と、他社の九州産小麦粉とで、それぞれ同じレシピでバターケーキをプロの方に作っていただき、来場された方々に試食をしていただき、五感で違いを感じていただきました。

来場された方に食べ比べていただきましたが、中には他社の九州産小麦粉のほうが好き!とおっしゃるかたも当然おられましたが、これは嗜好性の違いもあることなので仕方ないことですが、しかし7割くらいの方は確かに違いを感じていただき、しっとり感の違いや、口どけのよさ、弾力、などの違いをおっしゃっていただきました。

今回、バターケーキをお願いしたプロの方も、今までいろいろな小麦粉を試されて、とある九州産小麦粉を使われていたそうですが、弊社の小麦粉で試しにバターケーキを焼いていただいたところ、口どけやしっとり感が違う!というので昨年末に粉を切り替えていただいたのです。

今回の展示会までの間、九州ちくご元気計画で1年間研究会を続け、商品の情報整理や表現方法のレクチャー、PRの仕方などしっかり講師の方にディレクションをしていただきました。

まだまだ課題は多いですが、しかし今回の商談会で興味を持っていただいた方も多く、何よりの収穫となりました。

ちなみに下は展示会場の弊社のブースの写真です。

2014-01-29 11.31.06_edited

すみません、書道展のようになってしまっておりスマートさのかけらもないですね。。(笑)

「味があるね・・」とフォローしていただいたお客様もおられました。(笑)

2月10日に北九州で行われる、九州の食EXPOにも出店しますので、もっとわかりやすいスマートな展示になるように準備中です。

あと5回くらい経験するとだいぶ洗練されていくのではと思います。(^^;

(ちなみに前回の様子は以下です。http://www.tanakamill.com/?m=201301 )

 

最後になりましたが、弊社のブースにお立ち寄りいただきました方々、今回ご支援をいただきました福岡県の方々、JTB様、など、大変ありがとうございました。

ちくごのごちそう(ちくご元気計画のイベント)

平成26年1月17日~19日に福岡市のソラリアプラザ6階で行われている、「ちくごのごちそう~ちくごとつながる3日間~」という「九州ちくご元気計画」のイベントに行ってきました。

17日、18日の両日、スイーツプランナーの山口真理さんによるちくごの食材を使った限定カフェ「ちくごカフェ」にて、弊社の福岡県産薄力粉を使った料理およびスイーツを提供していただきました。

P1181198_edited P1181188_edited

以下のメニューにて使っていただきました。

・長ネギとはんぺんのキッシュ

・まぼろしのモーモーロール

モーモーロールのほうだけはなんとか写真が撮れました。

P1181203_edited

おかげさまでいずれも完売でした!

一方で、まだまだ福岡県産の薄力粉が認知されていないなぁと改めて感じたイベントとなりました。

国内の小麦粉の約9割が外国産の小麦で作られていること、

国内では北海道に次いで2番目に、福岡県が小麦の生産が多いこと、

福岡の小麦粉でも、だご汁とかだけではなく、美味しいパンケーキやスポンジケーキ、ロールケーキが作れること、など。

今後ももっともっと伝えていきたいと思います。

ご来場の方々、関係者の方々、大変ありがとうございました。